IoT減災ソリューションシステム

はじめに

日本の国土は山林、河川、海など、自然豊かな土地柄ではありますが、同時に世界でも有数の災害発生国でもあります。古来より日本人は数多くの災害を経験してきましたが、近年、その規模、頻度においてこれまでとは一線を画しており新たな防災対策が喫緊の課題となっています。

サイネージに警告画面が表示されている画像
サイネージに警告画面が表示されている画像

その一方で、国内の通信環境はまたたく間に拡大し日本中ほぼどこにいてもインターネットができるほどの通信網が構築されています。そして、これを利用したJアラートLアラートといった災害情報提供システムが本格的に稼働するなど、多くの国民の命を守る体制づくりが進められています。

しかしながら、万全といえる対策を取っても、毎年のように発生する災害で命を落とす人は少なくありません。そして、多くの場合、通信設備の整った市街地ではなく、既存の通信インフラでは補えない山間部や限界集落、災害情報の収集が困難な高齢者等に被害が偏る傾向にあります。

土砂崩れが起きている画像

 本提案は、既存の防災無線システムと連携し、近年注目されているLPWA技術を生かし、水位・雨量等のデーターを収集、ヘッドクオーターによる分析、サイネージLEDによる災害情報の 伝達及び防災訓練による人材育成を行うことにより、災害発生時における町村地域において1人の人的被害も出さないことを目的としています。 整備が遅れがちな地域に対して効果的なシステムを導入することで、これまで解決できなかった災害時、平時の課題の多くをクリアできるものと確信しています。 なお、本提案には多くの学術研究が関わっており、人の命を救う先進事例研究としての側面を有しています。このような産学官連携による取り組みは、将来世代へ残す資産として、大きな 意義を持つものと考えています。 本提案の趣旨をご理解いただき、なにとぞご検討のほどよろしくお願いいたします。

IoT減災サイネージソリューションはこのような人たちを救います

災害情報の収集が
困難な高齢者

既存の通信インフラでは
補えない山間部や限界集落の住民

国から発信されるサービスがあっても
毎年発生する災害で命を落とす人が増加しています

Target

情報取得困難者
インターネットを利用した
情報取得が困難なひと

山間部などの
情報伝達が困難な地域

災害時に停電などが
発生しやすい地域

Purpose

LPWA技術を活かしたエッジコンピューティングの活用により
災害時に安定した情報提供が可能なネットワークを構築します

LPWA(Low Power, Wide Area)とは

LPWAは、総務省が許可している免許不要のオープンな通信規格です。
少ない電力で長距離の通信を行うことができ、プライベートに無線ネットワークを構築し、
オフラインの独自の通信網を構築することができます。

人的被害を防ぐ5つのソリューション

人的被害を防ぐ5つのソリューション

平常時でのLPWA通信網の活用

想定される平時利用

公共バスの接近情報提供
徘徊老人・子供の見守り・迷子犬等の検索
農業監視(土壌成分の監視など) 
漁業(海水成分や水温などの監視)
林業(作業者の安全監視など)
畜産のバイタル監視
ドローンによる物流  etc

お問い合わせ・アクセス

地図で表示

東京本社

〒101-0047 東京都千代田区内神田2-6-4 柴田ビル8F

TEL
03-6260-8331
受付 10~18時
FAX
03-6260-8332
受付 24時間

定休日 土日祝

地図で表示

福岡本社

〒812-0044 福岡市博多区千代1-20-31 福岡県千代合同庁舎7F

TEL
092-409-5440
受付 10~18時
FAX
092-409-5441
受付 24時間

定休日 土日祝

お問い合わせ・アクセス

〒101-0047 東京都千代田区内神田2-6-4 柴田ビル8F

TEL
03-6260-8331
受付 10~18時
FAX
03-6260-8332
受付 24時間

定休日 土日祝

〒812-0044 福岡市博多区千代1-20-31 福岡県千代合同庁舎7F

TEL
092-409-5440
受付 10~18時
FAX
092-409-5441
受付 24時間

定休日 土日祝